節税のため、不動産を同族間売買(関連企業間、法人・代表者間)する場合の鑑定評価

不動産の同族間売買(関連企業間、法人と代表者の間の不動産売買)

節税上、系列の法人間、関連企業間、または、法人と代表者の間などで、不動産の所有権の移転をおこなう場合です。
関連企業間や、法人・代表者間で、不動産を売買する場合、譲渡価格が適正であったとしても、税務当局は、当事者の間柄を踏まえ、不当に安値の取引ではないかと疑った目でみることから、鑑定評価書をとることにより、リスクヘッジを図ることが推奨されます。

尚、昨年10月1日施行の税法改正により、100%子会社への不動産売買を行う場合、課税のくり延べとなり、損益通算できなくなりました。

同族間、関連企業間、法人・代表者間で不動産を売買する場合の節税のための不動産鑑定評価は、寺村不動産鑑定所まで、お気軽にご相談ください。

ページTOPへ